Best Thai Restaurants in Phuket
タイ料理レストランレストラン

プーケット ローカル タイ料理 レストラン ベスト 14

プーケットにある本物のローカル レストラン

このページは、プーケットのローカルフードとレストランだけがテーマだ。プーケットにある、一番人気があって(ものすごく)ローカルなタイ料理レストランをいくつか紹介する。お洒落ではないけど、どこも安い。雰囲気なんて構わないし、店員は微笑みすら忘れていることもある。ただただ合理的に、美味しさだけを追求しているのだ!慣れない人には、見た目が汚らしく思えるかもしれない。だから、ゴミゴミした店内、プラスチック食器、ナプキン代わりのトイレットペーパー、氷入りのビール、(たまに味の素)があまり好きじゃないなら、このページを印刷して持っていく必要はないだろう。でも、プーケットで行列ができるお店に何があるのか知りたいなら、本物のローカルフード体験に備えておこう。

もちろん、このレストランのリストは主観的なものだし、他にもリストに載せるべきお店があるかもしれないけど、いずれも過去20年間にわたる超有名店ばかりであることは間違いない。


1. モームードン

シャロン地区

Mor Mu Dong Restaurant Phuket

モームードンは、有名なシャロン・ロータリーを過ぎて、プーケットの南東部にある超隠れ家だ。マングローブ林の中にあるという立地がユニークなため、アンドリュー・ジマーンがホストを務める「Bizarre Food」というアメリカのTV番組で紹介されたこともある。水上(干潮時には泥上)に建てられた木造の小屋で、ランチやディナーを食べられる。モームードンでは、タイ料理とシーフードのメニューが豊富に揃っている。

住所: 32/9 Soi Mu Dong, Chao Fah East, Chalong, Phuket
営業時間: 10:00 am – 9:30 pm
電話番号: 088 766 1634


2. レムヒン シーフード

プーケット東海岸

Laem Hin Seafood restaurant Phuket

レムヒン シーフードは、プーケットで最も有名なシーフード料理のローカルレストランだ。島の東海岸にあって、お店はものすごく大きいのに、夕食時には今でも満席になる。週末ともなればなおさらだ。お店は水上にあって楽しいけど、少し騒々し過ぎて、いわゆるロマンチックな雰囲気のレストランとは言い難い。でも、夕方6時頃に行けば、まだ静かだし、さわやかな風も吹いて気持ちがいい。

住所: 90/11 Soi Baan Laem Hin, Thepkasattri Road
営業時間: 10 am – 10 pm
電話番号: 076 239 357


3. ピアンプライ

バンペー滝

Piang Prai Restaurant

ピアンプライ(クルア ピアンプライ)は、バンペー滝のすぐ近くにあって、緑に囲まれた素晴らしい隠れ家レストランだ。ビーチからはかなり離れた場所にあるため、観光客にはほとんど知られていない。バンペー滝の辺りに行くことがあったら、是非ランチをとってほしい。この辺りには2つのお薦めレストランがあって、ピアンプライもその1つだ。(もう一つはバンペー シーフード)。ピアンプライは、素晴らしいタイ料理を楽しみたいなら、わざわざ行くだけの価値のあるレストランだ。

住所: Namtok Bang Toei, Pa Klok, Thalang District, Phuket 83110
営業時間: 9 am – 8pm
電話番号: 085 832 7439


4. ワンチャンレストラン

プーケット料理-プーケットタウン

One Chun Restaurant Phuket

そう、ワンチャンはいわゆる「ローカルレストラン」とは言えないかもしれないけれど、ローカルではある!ワンチャンでは、本物のプーケット料理がいつでも楽しめるからだ。プーケットのワンチャンレストラン(ワンチャンはタイ語で「月曜日」という意味)は、プーケットタウンで最も美味しいタイ料理レストランの1つだ。妥協のない南タイ料理を提供していて、最初にお店のファンになったのは、タイ料理に関してはかなりうるさい地元のタイ人たちだ。まだ若いオーナーのプランさんは、美味しい食事、手頃な値段、楽しい雰囲気、素晴らしいサービス、よいロケーションという、レストラン成功の正しい方程式を知っていたのだろう。僕たちと同じように、誰でもこのレストランに行けば、本物のタイ料理を楽しむことができる。

住所: 48/1 Thepkrasattri Rd., Talat Yai, Phuket Town, Phuket 83000
営業時間: 10 am – 10 pm daily
電話番号: 076 355 909


5. ゴーアン シーフード

プーケットタウンのシーフード料理店

Ko Ang Seafood

ゴーアンは、一見小さくて狭そうに見えるけど、お店の中に入ると思っていた以上に大きい。地元の人にとても人気で、いつも満席だ(駐車場をみつけるのが一苦労)。ゴーアンでは、素晴らしいシーフード料理が食べられるが、魚が素晴らしく、貝の種類も豊富で、レアな食材もある。トムヤムスープは是非トライしてほしい、様々な味覚が入り混じって、とても味わい深い。「ホイチャックティン」は、地元で採れる美味しい貝だ。「マテ貝」や「蟻の卵」などは、変わった食べ物にチャレンジしたい気分の時にどうぞ。

住所: 226/2 Phuket Road, Phuket Town, Phuket 83000 (on the way to Sapan Hin)
営業時間: 6 pm – 12 am
電話番号: 076 221 460


6. カンエーン2

シャロン地区のシーフード料理店

Kan Eang 2 Seafood Restaurant Phuket

カンエーン2はわかりにくい場所にあるが、プーケットでもトップレベルのシーフード料理店の1つだ。プーケットの人なら、カンエーン シーフードがプーケットに2店舗あることをよく知っている。もう一つのカンエーン@ピアーの方は、新しいのにとても話題になっている。一方、カンエーン2の方は古いけど、控えめな存在だ。

住所: 9/3 Moo 9 Chao Fah Tawan Aok Road, Ao Chalong, Phuket 83130
営業時間: 10 am – 10 pm
電話番号: 076 381 323


7. リムパン レストラン

プーケットの北端にあるサラシン橋

Rim Pan Seafood restaurant Phuket

リムパン シーフードは、プーケット北端にある平野に隠れた、小さいけれど素晴らしいローカルレストランだ。プーケット島とタイ本土をつなぐサラシン橋の近くにある。シースントーン寝釈迦像と同様、何千万もの人々がリムパンのそばを車で通り過ぎていくけれど、この素晴らしいお店にはなかなか気づかないようだ。

住所: Rimpan Seafood (ริมพาน ซีฟู้ด) Sarasin Bridge
営業時間: 9 am – 10 pm
電話番号: 083 647 1147


8. パクナム シーフード

プーケットタウン

Paknam Seafood Restaurant in Phuket

プーケットタウンのパクナム シーフードは、観光地からは離れた場所にある素晴らしいタイ料理レストランだ。地元のタイ人やプーケット在住外国人の間では有名で、友達を気楽なランチに誘ったり、美味しいシーフードが食べたくなった時に夕食に行ったりする。オープンエアの屋内席かテラス席、又はエアコン付きの部屋が選べる。メニューは驚くほど長く、説明が詳細で、英語で書いてある。スタッフも注文を受けるくらいの英語は話せる。

住所: 52/220 Ratsadanuson Rd, Phuket Town
営業時間: 10.30 am – 10.30 pm
電話番号: 076 240240


9. ゴーベンツ

スープ麺-プーケットタウン

ゴーベンツでは、風変わりなお粥とインスタントラーメンを使ったスープ麺が食べられる。レストランの半数の席がオープンと同時に埋まってしまうため、順番待ち覚悟になるが、それだけの価値がある。もう一つ変わっているのは、陰暦に合わせてお店の営業日が決まっているという点だ。僕にはいつ行ったらお店が営業しているのかを予測することは難しい。それでもわざわざ車を運転して「営業しているかどうか」を見に行くのだ。名物の「ママー ムーサップ(ママーと呼ばれるインスタントヌードル(写真)を使った有名なスープ麺)」、「ウンセン ムーサップ(春雨使用のスープ麺)」、「カオトム ヘン(汁なしのお粥、豚肉入り)」がお薦めだ。

住所: Intersection Krabi Road – Patiphat Road, Phuket Town 83110
営業時間: 7 pm – 2 am
電話番号: 084 060 7799


10. パーマイ カノムチン

カノムチン-プーケットタウン

Kanom Jeen in Phuket

パーマイは、小さいなお店だけれど、いつも朝食時に賑わっている。いつも満席なので、誰かの食事が終わるのを待って、空いた席に飛び込まないと、なかなか座れないだろう。カノムチンの食べ方:カノムチンと呼ばれる米粉の麺がのったお皿を取り、大きな鍋に入った好みのカレーソースを選んでかけてもらう:カレーの種類には、イエローカレー、レッドカレー、ビーフ入り、チキン入り、魚入りなどがある。カレーをかけた麺の上に、様々な生野菜やハーブをトッピングして食べる。トッピングなしでは、風味も食感も何だか物足りなく感じるだろう。

住所: Satun Road, Talat Nuea, Phuket 83000
営業時間: 10 am – 9.30 pm


11. クンジート ラートナー

プーケットタウンのラートナー

Khun Jeed's Radna Phuket

クンジート ラートナー ヨートパックは、プーケットタウンのパンガー通りにある、開業20年以上の大人気のレストランだ。最も有名な料理はラートナーといって、中華系タイ風あんかけヌードルで、ポーク、ビーフ、チキン、シーフードなどの具材を選べるほか、たっぷりのどろっとしたソースが麺の上にかかっている。

住所: Phang Nga Road, Phuket Town
営業時間: 9 am – 8:30 pm, 水曜日は休みです
電話番号: 099 415 5495


12. ゴーユン福建麺

福建麺-プーケットタウン

Ko Yoon Hokkien Noodles

ゴーユン レストランは、小さくて目立たない場所にあって、素晴らしい福建麺が食べられる。もしプーケットタウンに行くことがあっても、お店に気づかずに通り過ぎてしまうかもしれない。レストランは、他の小さなローカルレストランと全く見た目は変わらないからだ。でも、ゴーユンでは、福建麺(ミーホッキアン)と呼ばれる黄色くて太い麺を何十年も提供していて、地元の人たちはその麺がどれほど美味しいかを知っている。そう、ミートンポーについては誇大広告気味で、他のレストランでも同じメニューを出しているけど、ゴーユンでは、福建麺に少し手が加えられていて、より美味しい麺が食べられる。

住所: Suriyadet fountain Circle, Phuket Town
営業時間: 9 am – 4 pm
電話番号
: 084 189 5432


13. ミートンポー

福建麺-プーケットタウン

Mee Ton Poh

ミートンポーは老舗の有名な福建麺店で、プーケットの時計台ロータリーにある。お店の中は暑いし、煙いし、混雑しているけれど、黄色い福建麺料理は食べてみる価値がある。お店で行列待ちをするときは、迷わずサテを注文しよう。「焼き福建麺(ミーホッキエンパット)」は、シーフード入りの有名な焼きそばだ。注文の時に「ピセー」と言えば大盛り、「サイカイ」と言えば麺の上に卵をのせてくれる。「ラートナー」はあんかけ焼きそばだ。「ムーサテ」は豚肉の串焼きで、通常は「シップマイ(10本)」単位で注文する。

住所: 9/109 Phuket Road, Phuket Town
営業時間: 9 am – 6.30 pm
電話番号: 076 216 293


14. ロックティエン フードコート

フードコート-プーケットタウン

Lock Tien Foodcourt Phuket

このとてもローカルなフードコートは、最近改装されたので、以前ほどは「古くて汚らしい」感じではなくなった。でも、前と同じように素晴らしい料理が食べられる。「ミーフン バチャン」は地元の料理で、醤油で味付けしたシンプルな焼きそばにネギをトッピングして、ポークリブのスープが添えられる。「ミー ホッキエン パット(炒め福建麺)」もある。「ムーサテ(豚肉の串焼き)」と「ポーピア(細かく切ったカブと豚肉と野菜を巻いて甘いソースをかけたプーケット風生春巻き)」もお忘れなく。「オーエウ」は有名なプーケットのデザートで、バナナゼリーが添えられたかき氷だ。

住所:
営業時間
: 10 am – 5 pm


プーケット ローカル タイ料理 レストランの地図

4.4
07