プーケットで一番おすすめの自撮りスポット

若い世代にとって、自撮りやモデルのように写真を撮るのは、完全に旅行の一部になっている。ローカルのレストランや旅行関係者やビーチでは、このトレンドを上手く利用して、プーケットの自然の美しさに加えて、何か「特徴」が出るような仕掛けを次々と企画している。もちろん、予測はしていると思うけど、無料で写真を撮らせてもらえるわけではない。入場料を払ったり、少なくとも何か一品飲み物や食べ物を注文しないと、その場所で撮影を楽しむことはできない。着陸前の飛行機、木の枝を利用したブランコ、吊されたハートの飾り、フォトフレーム、空に延びるような階段など、撮影用の小道具を利用すれば、アングルによって素晴らしい写真が撮れる。


1.プーケットオールドタウンとソイロマニー

Soi Romanee in Phuket Town

プーケットタウンの旧市街はインスタグラマー達に大人気の場所だ。タラン通りやソイロマニーのカラフルなショップハウスやアーチは、気軽に撮影が出来てとても楽しい。


2.マードゥーブア カフェ

マードゥーブア カフェは、インスタグラマーに人気の最新のカフェだ。伝統的なタイの集落をイメージしているが、一番ユニークなのは巨大な蓮の葉っぱに、文字通り覆われた池だろう。中央の桟橋は、モデルが池の上まで歩いていけるように作られていて、美しい眺めの中でモデルが映えて、とてもフォトジェニックだ。レストランには広いテラスがあり、低いテーブルとクッションがあって、ここもフォトジェニックだ。タイ風の木製ボートに乗ってドローン撮影もできる。マードゥーブアカフェは、バンタオビーチに行く途中のチューンタレー地区にある。もっとユニークで忘れられないような写真を撮りたいなら、マードゥーブアでは、自分では絶対に撮れないような写真を撮影するサービスが2種類ある。1つは、木製のタイのボートに寝転んでいるドローンショットで、もう一つは、水に浮かぶ葉っぱの上に立っている写真だ。ドローン撮影は一人500バーツから。


3.ヌイビーチ

Nui Beach Swing

ヌイビーチは、カタビーチとナイハーンビーチの間ある隠れた入り江で、アクセスしにくい場所にある。以前は管理が厳しかったので、近寄りがたい場所として知られていたけど、現在は一変してビジターを歓迎している。ビーチまでは舗装されていない急斜面を通るため、少しお金を払えば送迎サービスも利用できる。ビーチには、ハート型の椅子、まゆで作られた青い海をバックにした自撮り用フォトフレームなど、可愛い自撮り用のセットがたくさん用意されている。一番人気なのは4つの巨大なブランコで、かなり高くまでスイングするから、モデルは大絶叫間違いなしだ!


4.マイカオビーチの飛行機着陸

マイカオビーチは、以前は何もないビーチだったが、ソーシャルメディアが世界中で流行して以来、全てが変わってしまった。みんながマイカオビーチで巨大な飛行機が近づいてくる自撮り写真をインスタなどに投稿している。実をいうと、飛行機の着陸航路での写真は禁止されているというニュースを海外の報道機関が拡散したことがきっかけで、有名になってしまったんだ。今では完全に撮影を楽しむ場所になってしまった。ただし、飛行機がいつも海側から着陸するわけではないということは覚えておこう!続きを読む


5.プーケット ビッグブッダ

Phuket Big Buddha

プーケット ビッグブッダも自撮りを楽しむ人に人気の場所だ。ただ、ここはあくまで宗教施設だから、どうしても自撮りを楽しみたいなら、控えめにしよう。あと、ミニスカートなど肌を露出した服装では入場が禁止される。入口の警備員にサロンを巻くようにと手渡されるけど、それではインスタ映えしないから、事前にちゃんと準備しておこう!続きを読む


6.スプラッシュビーチクラブ

スプラッシュは、パトンビーチとパラダイスビーチの間にあるけど、もし目印を知らなければ、ちょっとわかりにくい場所にある。ビーチは小さいけれど、とても素朴で快適な場所だ。海のそばにあるハート型のブランコは、ロマンティックな写真が撮れる人気スポットだ。ビーチの入場料は100バーツ。


7.サメットナンシー

Samet Nangshe Viewpoint - View of Phang Nga Bay

サメットナンシーは、プーケット島の外にあるけれど、非常に美しい絶景ポイントだ。もし車があるなら、わざわざ出かけていく価値がある。サメットナンシーの駐車場に到着したら、丘の頂上まで連れていってくれるピックアップトラックに乗り換える。有料だけれど、歩いたらかなり登るので、支払う価値はあるだろう。2つの絶景ポイントが隣合ってあるけど、そのうちの1つがインスタで人気のスポットだ。


8.ロックビーチスイング

Rock Beach

ロックビーチスイングは、プーケットの新しいインスタ映えスポットだけど、名前にビーチが付いているのに、実際にはビーチではない。だから今まで紹介した場所に比べると、それほど人気がないし、行くのに600バーツもかかる。多分それほど長続きしないだろう。


9.コーラル島

https://www.phuket101.net/ja/coral-island-phuket-thailand/

コーラル島は、プーケットから近い混雑した離島で、自撮り用のセットも少しある。(スピードボートでたったの15分だから)もし行くことがあれば、みんなと同じように、ビーチで自撮りをすることもできる。でも正直言って、混雑した場所から少し離れたところに歩いて行けば、青い海をバックにもっと自然の中で自撮りを楽しむこともできるんだ。続きを読む


プーケット インスタ映えスポット マップ