マングローブ林に囲まれたローカルレストラン

モームードンは、プーケットミシュランガイドの中でも、安くて感じが良く、おすすめの店に与えられる印“ビブグルマン”を獲得している。

Mor Mu Dong Restaurant Phuket

モームードンはプーケットでもかなり個性的な店といえよう。あまり知られていなくて、地元の人たちが通う店でランチやディナーを楽しみたいのであれば、是非ともモームードンを試してほしい。プーケット在住者ならみんなここを知っているし、駐車場に停まっている車のナンバーを見れば、遠方から訪れる人も多いことがわかるよ。とにかくローカル感あふれる雰囲気で、アメリカの人気番組“アンドリュー・ジマーンの奇妙な食べ物 (Bizarre Foods with Andrew Zimmern) ”のタイ特集でも紹介されたことがある。

モームードンの堅実で初心を忘れない姿勢に惹かれる人は多い。だからみんな、会社の食事会や友達との集いに利用したり、日曜日にランチをしに通ったりする。店自体は素朴で飾り気もないけれど、料理がとても美味しい。テーブルは、南国風に木の下にセッティングされている。プライベート席を希望なら、マングローブ林の中のウッディーな東屋“サラ”がおすすめだ。決しておしゃれな雰囲気ではなくて、タイでよく見かけるコンクリートでできたテーブルに、プラスチックのイス、食器もプラスチックと、すべてが本当にシンプルだ。

Mor Mu Dong restaurant

タイによくある“サラ”について、知らない人にちょっと説明しよう。“サラ”とは、木製で茅葺屋根の簡素な建屋で、壁はない。レストランなどでまだ利用したことがなければ、一度試してみて。これも旅の醍醐味だからね。サラで友達と座卓を囲んで床に座り、マングローブの景色と潮風を楽しむ。1つのサラに6人から12人くらいは座れるよ。引き潮の時間帯は辺り一面が砂泥になるけれど、たくさんの小さな赤いカニが現れたりして、それはそれで南国らしくておもしろい。床ではなくイスに座りたいなら、普通にテーブル席のエリアもあるから大丈夫。


モームードンで何を食べる?

遠方の人にもモームードンが支持される理由は、その料理。まずメニューの種類が豊富で、タイ料理と海鮮料理の両方が楽しめる。さらには地元プーケットの郷土料理も数多く、どれもみるからに美味しそうなものばかりだ。料理を注文すると、最初に青グアバや青マンゴーなどの果物を薄く切ったものと新鮮な生野菜が運ばれてくる。気分がアガってきたら、地元の人を見習って、ビールに氷を入れて飲んでみて。外国人は驚くけれど、暑い日にはこれがぴったりだよ。

僕たちのお気に入りは、ムークアクルア(豚バラ肉の料理)、パクミアングーンシアップ(地元の葉野菜と干しエビの料理)、パクグーッサラダ(シダ菜とイカのサラダ)、そして、辛い料理が好きならゲーンプリックカドックムー(激辛ポークカレー)もおすすめしたい。

メインは魚を塩釜焼にしたプラーパオだ。絶妙な蒸し加減がなんとも素晴らしい一品で、調理には30分以上かかる。ローカルタイプのレストランでお目にかかるのは珍しく、とにかく身が柔らかでジューシーで本当に美味しい。僕たちはその繊細な食感と、ちょうどいい塩味が大好きで、タレはつけずにそのままいただく(タレも提供されるけどね)。


モームードンの写真

Mor Mu Dong Phuket



モームードンへの行き方

けっこう場所がわかりづらい。チャオファイースト通りをシャロン方面へ向かって進むと、動物園への道案内が出てくる。信号を左折すると動物園があるので、そのまま通り過ぎてパライシーフード方面へ数キロメートル進む。パライシーフードも海鮮料理レストランだけど、さほどよくない。パライシーフードのすぐ手前に、左折を促すいろんな店の看板が出ているから、そこを左折。ほぼ突き当たりにモームードンの駐車場と入り口がある。グーグルマップで調べればとても簡単だよ。


モームードンの情報

場 所:シャロン
住 所:2/9 Soi Mu Dong, Chao Fah East, Chalong (past the zoo), Phuket
営業時間:午前10時~午後9:30
電話番号:088 766 1634
価格帯:お手頃


モームードンの地図